訪問介護ステーション藤ケア

訪問介護・介護予防訪問介護・居宅介護・重度訪問介護

よくあるご質問

サービスを受けられる条件は?

市区町村に「要介護認定」の申請をし、要介護状態、要支援状態または事業対象者であると認められれば、介護保険のサービスを受けることができます。

要介護状態
常時介護を要する状態が6ヶ月間にわたり継続する見込みの方

要支援状態
日常生活を営むのに支障があると認められる状態が6ヶ月間にわたり継続する見込みの方

サービス給付条件は第1号被保険者と第2号被保険者で異なりますか?

第1号被保険者(65歳以上の方)については、要介護状態、要支援状態または事業対象者であることが給付条件であり、その原因について問われることはありません。
第2号被保険者(40歳から64歳)の場合は、「特定疾病」が原因で介護が必要になった場合に限り、給付を受けることができます。

要介護認定について教えて下さい

「要介護認定」とは、対象者がどの程度介護を必要としているのかを判定するものです。
申請があった場合、それを受けた市区町村は職員を派遣し、対象者の心身の状況を調査します。
この調査結果に主治医の意見書を合わせ、それらをもとに市区町村が設置する「介護認定審査会」において、介護保険のサービスを受けられるかどうか、また「要介護状態等の区分」によってどのくらいのサービス量で受けることができるのかが決まります。

要介護状態等の区分:事業対象者、要支援1・2、要介護1~5

(注) 要支援状態、要介護状態、及び特定疾病(第2号被保険者の場合)でない場合は「非該当」とされ、介護サービス及び介護予防サービスは受けられません。